暗号資産(仮想通貨)

今、SBI VC トレードが熱い!メリットデメリットを解説(旧TAOTAO)

 

こんにちは、投資OLちゃん(Twitter@OL20225358)でございます❤️

 

今回は、仮想通貨の取引所「SBI VCトレード」のメリット・デメリットを解説します❤️

 

「今さらなんでSBI VCトレード?」思うかもしれませんが、SBI VCトレードは今1番熱い取引所なんです✨

 

SBI VCトレードは、去年の12月に旧VCトレードと旧TAOTAOが合併して生まれました。

 

SBI証券 クレカ積立 リップル 30,000円

引用元:経営統合について 統合のご挨拶

 

今はまだ旧VCトレードと旧TAOTAOのサービスが並存している状態なのですが、2022年6月にSBI VCトレードとして一本化されます✨

 

SBI証券 クレカ積立 リップル 30,000円

引用元:経営統合について 統合のご挨拶

 

お互いのいいところは残しつつ、不便なところは改善する感じで、順調にサービスの一本化が進んでいます✨

 

» SBI VCトレードとTAOTAO 合併完了、来年6月にサービス統合へ

 

投資OLちゃん
この記事を読むと、SBI VCトレードのメリットとデメリットが整理できるだけでなく、今後に期待できることがわかります❤️

 

早速いきましょう❤️

 

\暗号資産の送金手数料が無料の取引所/

SBI VC トレード 公式サイト

 

SBI VCトレード メリット・デメリット

 

まずは、メリットとデメリットを整理します✨

 

メリット

①レバレッジ取引以外の手数料が無料
②レンディングができる
③手数料安く、積立ができる
④これからに期待できる(日本初のサービス)

 

デメリット

①取り扱い通貨数が少ない
②販売所しかない(2022年6月に解消される)

 

上記以外のメリットとして「SBIホールディングスの一員で、信頼性が高い」ことが挙げられますが、他のサイトにも書いてあることなので、本記事では省略します。

 

デメリットを見て許せないことがあったらその時点で終わりなので、まずはデメリットから見ていきましょう❤️

 

デメリット①取り扱い通貨数が少ない

 

SBI VCトレードは取り扱い通貨数が「7」で、他の取引所よりも少ないです。

 

主要取引所の取り扱い通貨数を比較してみましょう❤️

 

取引所名 取り扱い通貨数
コインチェック 17
ビットフライヤー 13
DMM ビットコイン 14
GMOコイン 20
SBI VCトレード 7

 

そのため「絶対にIOSTに投資したい!」というような場合は、SBI VCトレードは向いていません。

 

投資OLちゃん
とはいえ、マイナーな通貨に投資して資産を減らす人が多いので、取り扱い通貨数の多さはそこまで気にしなくてOKだと思います❤️

 

デメリット②販売所しかない(2022年6月に解消される)

 

SBI VCトレードには、販売所しかありません。(取引所取引ができない)

 

これは、TAOTAOに販売所しかなかったためです。

 

しかし!!

 

2022年6月に取引所取引がリリースされます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

»取引所取引(板取引)リリース予定のご案内

 

投資OLちゃん
取引所取引ができないことは、SBI VCトレードの最大のデメリットだったので、これが解消されるのはかなり大きいです❤️

 

ちょっと余談

SBI VCトレードのアプリを開くと、「現物」ありますが、これは販売所です。

 

SBI VCトレード メリット デメリット

 

コインチェックやビットフライヤーの販売所と比べると、ビットコインのスプレッドはかなり良い✨

※安く買えるし、高く売れるということ

 

SBI VCトレード メリット デメリット

 

投資OLちゃん
他の取引所よりもレートがいいとはいえ、これは販売所なので、板取引よりは割高になる点に注意です❤️

 

ただ、先ほどもお話ししたとおり、販売所しかない点は6月に解消される予定です✨

 

ここまで読んで、デメリットと感じなかった人へ

 

おめでとうございます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

この2つについて納得できたら、SBI VC トレードはかなりオススメの取引所です✨

 

メリット①あらゆる手数料が無料

 

私が感じるSBI VCトレードのメリットで一番大きいのは、これ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

なんと、レバレッジ取引以外の手数料が無料なんです!!

 

SBI VCトレード メリット デメリット

SBI VCトレード メリット デメリット

引用元:手数料について(SBI VC公式サイト)

 

特に、下2つの手数料が無料なのはかなり大きい!

 

・銀行口座の出金手数料
・暗号資産を送るときの手数料

 

上記2つの手数料を他の取引所と比較してみましょう✨

 

SBI VC トレード、コインチェック、ビットフライヤーで比較すると、下記のとおりです。

 

  銀行への出金手数料 送金手数料(ビットコイン)
SBI VC トレード 無料 無料
コインチェック 407円 0.0005 ビットコイン
ビットフライヤー 220円〜770円 0.0004 ビットコイン

 

コインチェックとビットフライヤーは、銀行への出金手数料と仮想通貨の送金手数料がかかります。

 

特に仮想通貨の送金手数料が高くて、コインチェックの場合は、ビットコインの送金手数料が2,700円もかかります。

※1 BTC=5,400,000円で計算(2022年3月26日のレート)

 

投資OLちゃん
私はビットコインを送るときにコインチェックとビットフライヤーを使っているので、今まで送金手数料だけで数万円払いました。

 

以上のことから、銀行口座に出金することが多い人、仮想通貨を送ることが多い人は、SBI VCトレードを使うことで手数料をかなり節約できます✨

 

メリット②レンディングができる

 

SBI VC トレードでは、持っている仮想通貨を貸すことで金利収入を得ることができる「貸コイン」サービスがあります✨

※レンディングのこと

 

SBI VCトレード メリット デメリット

 

レンディングについては下の記事で解説しておりますので、よく知らない人はご覧ください❤️

 

こちらもCHECK

仮想通貨 レンディング やり方
【仮想通貨のレンディング】概要とやり方を解説【コインチェックを例に】

続きを見る

 

実際の画面で、SBI VCトレードのレンディングの利率を見てみましょう❤️

 

SBI VCトレード メリット デメリット

 

ビットコインで年利0.1%なので、利率はちょっと低いですね😂

 

コインチェックは利率が1%〜3%あるので、それに比べるとかなり低いですが、なにもしないで置いておくよりはいいですね❤️

 

メリット③手数料安く、積立ができる

 

SBI VCトレードでは積立ができるのですが、他の取引所よりも有利なレートで積立をすることができます❤️

 

なぜなら、販売所のスプレッドが他の取引所よりも狭いためです。

 

投資OLちゃん
私はビットフライヤーでビットコインを積立しているのですが、ぶっちゃけ乗り換えを検討するレベルです

 

もう一度、SBI VCトレード、コインチェック、ビットフライヤーでビットコインを買うときの価格を見てみましょう✨

 

SBI VCトレード メリット デメリット

 

SBI VCトレードで買うときの価格は圧倒的に安いですね❤️

 

SBI VCトレードの積立はシステムも良くて、毎日積立ができる&最短翌営業日から始められます✨

 

SBI VCトレード メリット デメリット

 

投資OLちゃん
以上を踏まえると、SBI VCトレードの積立はかなり優秀です❤️

 

メリット④これからに期待できる(日本初のサービス)

 

冒頭でも少し触れましたが、SBI VCトレードはTAOTAOと合併した会社で、2022年6月にサービスが一本化されます✨

 

» SBI VCトレードとTAOTAO 合併完了、来年6月にサービス統合へ

 

そして、こんな文言があります。

 

・予定されている新サービス また発表では、旧TAOTAOで新サービスが追加される予定であることも明かされた。

今月12月下旬に暗号資産(仮想通貨)の積立サービス、来年1月下旬に貸暗号資産サービスを開始するとのことだ(それぞれBTC、ETH、XRPが対象)。

また現在旧TAOTAOでは暗号資産を5銘柄(BTC、ETH、XRP、BCH、LTC)取り扱っているが来年3月下旬には7銘柄に拡充し、現在提供している現物の販売所とレバレッジ取引サービスに加え6月下旬には取引所サービスを追加することも発表されている。

さらにこれらに加え、日本初となる新サービスについてもリリースを準備していることが明かされている。

引用元:SBI VCトレードとTAOTAO 合併完了、来年6月にサービス統合へ

 

上記は2021年12月のプレスリリースなのですが、下記2つは有限実行されました。

 

・1月下旬 貸暗号資産サービスの開始
・3月下旬 取り扱い通貨数7銘柄に増加

 

となると、日本初となる新サービスにも期待できそう(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾💞

 

旧VCトレードと旧TAOTAOにはいいところもありましたが、デメリットもありました。

 

でも、暗号資産は送金できるようになったし、6月には取引所取引もできるようになる予定✨

 

投資OLちゃん
SBI証券の勢いもすごいし、6月からのSBI VCトレードはかなり期待できると思います❤️

 

SBI VCトレード口座開設の手順

 

ここまで読んでSBI VCトレードを始めたいと思った人のために、SBI VCトレードの口座開設の方法を解説して終わりにします❤️

 

読み進めると「旧VCトレード」「旧TAOTAO」という言葉が出てくるのですが、口座開設するのは旧TAOTAOの方です。なぜなら、SBI VCトレードは、旧TAOTAOを存続会社として生まれた会社だからです。

 

投資OLちゃん
それでは、旧TAOTAOの口座を間違えずに開設する方法を解説します❤️

 

まずは、下の緑のボタンからSBI VC トレード公式サイトにアクセスします。

 

SBI VCトレード 公式サイト

 

次に、黄緑で囲ってある「口座開設」押します。

 

SBI証券 クレカ積立 リップル 30,000円

 

次に、黄緑で囲ってある「新規口座開設はこちら」押します。

 

SBI証券 クレカ積立 リップル 30,000円

 

投資OLちゃん
赤で「×」している方が旧VCTRADEの口座開設です。旧VCTRADEは2022年6月に無くなってしまうので、口座開設しないように注意しましょう!

 

あとは、個人のお客様を選んで、メールアドレスで登録するだけです✨

 

SBI VCトレード メリット デメリット

 

» SBI VC トレード(公式サイトに飛びます)

 

それでは、今回は以上となります❤️

-暗号資産(仮想通貨)

Copyright© 丸の内OL 投資でゆるふわ資産形成 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.