暗号資産(仮想通貨)

【地味だけど、かなり良い】ビットバンクのメリット デメリットをまとめてみた

 

こんにちは、投資OLちゃん(Twitter@OL20225358)でございます❤️

 

投資OLちゃん
今回は、ビットバンクのメリットデメリットをお話しします❤️

 

「なぜいきなりビットバンク?」と思うかもしれませんが、最近海外の取引所を使うようになって、ビットバンクの良さに気づいたんです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾💞

 

 

ビットバンクは広告費をあまり使っていないので、コインチェックなどと比べると、かなり地味な取引所🤣

 

しかし、ビットバンクは全ての取り扱い銘柄で板取引ができる指値で約定すると手数料がもらえる(マイナス手数料)レンディングができるといった、ユーザー満足度の向上にフォーカスした素晴らしい取引所です✨

 

それでは、ビットバンクのメリット デメリットを整理して、詳しく見ていきましょう❤️

 

\地味だけど、かなり良い取引所/

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

ビットバンク 公式サイト

ビットバンク メリット デメリット

 

まずは、ビットバンクのメリット デメリットを整理します✨

 

メリット

・取り扱っている全ての銘柄で板取引できる
・指値で約定した手数料が無料、むしろお金もらえる(マイナス手数料)
・レンディングができる

 

デメリット

・販売所での取り扱い銘柄がやや少ない
・日本円の出金手数料が高い

 

デメリットを見て合わなかったら始まらないので、デメリットから見ていきましょう❤️

 

デメリット①販売所での取り扱い銘柄がやや少ない

 

ビットバンクの【販売所】での取り扱い銘柄数は14銘柄と、やや少なめです。

 

主要取引所の【販売所】の取り扱い銘柄数は、下記のとおり。

 

販売所の取り扱い銘柄数

  ビットバンク コインチェック ビットフライヤー GMOコイン
ビットコイン
リップル
イーサリアム
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
モナコイン
ステラルーメン
クアンタム    
ベーシックアテンショントークン
オーエムジー  
シンボル  
リンク    
メイカー    
ボバネットワーク      
イーサリアムクラシック    
パレットトークン        
ファクトム      
ネム  
IOST      
リスク    
エンジンコイン    
テゾス    
ポルガドット    
コスモス      
カルダノ      
ダイ      
トータル 14 16 15 18

 

ただ、ここについては、デメリットではないです!!

 

なぜなら、あえて【販売所】と書いたとおり、これは販売所の取り扱い銘柄数だから。

 

投資OLちゃん
日本の取引所には「販売所」と「取引所」がございまして、販売所で買うと、高額な手数料が取られます。

 

販売所と取引所の違いは、下の記事がわかりやすいです。

 

 

販売所で買うとどれくらい手数料が高いか、実際の画面を見てみましょう✨

 

下はコインチェックの販売所でIOSTを買うときの画面。左側が市場価格、右側が販売所で買うときの価格です。

 

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

 

市場価格が3.9052円、販売所で買う時の価格が4.1071円。手数料を計算すると、

 

4.1071円÷3.9052円=1.0517(手数料5.17%

 

つまり、コインチェックでIOSTを100万円分買うと、買った瞬間に948,300円になってしまいます。恐ろしいですよね!

 

つまり、重視するべきなのは、販売所の取り扱い銘柄数ではなく、取引所の取り扱い銘柄数

 

結論を言うと、ビットバンクは【取引所】の取り扱い銘柄数が国内で一番多い

 

ここについては、後ほどメリット①全ての取り扱い銘柄で板取引ができるで触れますね✨

 

デメリット②日本円の出金手数料が高い

 

デメリット①は大したデメリットじゃないので、唯一のデメリットがあるとすれば、コレ。

 

ビットバンクの日本円の出金手数料は550円なので、他の取引所に比べると高いです。

 

主要取引所の日本円の出金手数料は、下記の通り。

 

  ビットバンク コインチェック ビットフライヤー GMOコイン SBI VC トレード
日本円 出金手数料 550円 407円 220円〜770円 無料 無料

 

そのため、銀行口座に出金することが多い人は、ビットバンクは避けるべきです。

 

GMOコインSBI VCトレードは無料なので、こまめに出金する人はそちらを利用しましょう✨

 

さて、ここまでビットバンクのデメリットを書きました❤️

 

しかし、ビットバンクはデメリットを上回るメリットがあります。

 

投資OLちゃん
ビットバンクはユーザー満足度の向上に特化した、素晴らしい取引所です❤️

 

» ビットバンク公式サイト(無料で口座開設)

 

メリット①取り扱っている全ての銘柄で板取引できる

 

ビットバンクの1番のメリットは、取引所の取り扱い銘柄数が国内ナンバーワンであること✨

 

投資OLちゃん
ビットバンクでは、全ての取り扱い銘柄で板取引ができます❤️

 

主要取引所の【取引所】の取り扱い銘柄数は、下記のとおり。

 

取引所の取り扱い銘柄数

  ビットバンク コインチェック ビットフライヤー GMOコイン
ビットコイン
リップル  
イーサリアム  
ライトコイン    
ビットコインキャッシュ    
モナコイン
ステラルーメン  
クアンタム    
ベーシックアテンショントークン    
オーエムジー      
シンボル    
リンク      
メイカー      
ボバネットワーク      
イーサリアムクラシック      
パレットトークン      
ファクトム      
ネム      
トータル 14 5 5 11

 

ネットで調べると「コインチェックは取り扱い銘柄数が多い」出てきますが、取引所の取り扱い銘柄数で見ると、見える世界が全く違ってきますよね!

 

デメリット①で紹介したとおり、ビットバンクの【販売所】の取り扱い銘柄数は、14銘柄。

 

つまり、ビットバンクは販売所に取り扱いがある銘柄は、取引所にも取り扱いがあります✨

 

投資OLちゃん
これによって、販売所の銘柄数はやや少なくとも、取引所の銘柄数は国内ナンバーワンとなっています✨

 

さらに、ビットバンクは仮想通貨の取引量が日本一なだけあって、「買いたくても買えない、売りたくても売れない」という状況が起こりにくい。

 

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

 

アルトコインにおいても板がしっかりと並んでいるので、売買も成立しやすい❤️

 

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

 

もちろん、今話題の「シンボル」といった銘柄まで、取引所で板取引できます✨

 

ビットバンクにない銘柄が欲しい場合は、リップルやステラルーメンといった送金に向いているコインを板取引で買って、海外の取引所で交換すればOK❤️

 

投資OLちゃん
この手順を踏むことで、【販売所】でアルトコインを買うよりも、圧倒的に安く取引できます❤️

 

海外の取引所で好きなコインに替えるまでの流れ

 

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

 

海外の取引所に仮想通貨を送る際、ビットコインではなくリップルやステラルーメンが向いている理由は、後日別の記事で解説します✨

 

メリット②指値で約定した手数料が無料、むしろお金もらえる(マイナス手数料)

 

ビットバンクでは、取引所で指値で注文し、約定すると、手数料が無料どころか、むしろお金がもらえちゃいます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾💞💞💞

 

投資OLちゃん(小学生の頃)
普通は手数料を払わなきゃいけないのに、何で手数料がもらえるの?

 

これは、仮想通貨 特有の用語である「メイカー」「テイカー」を理解する必要があります。

 

メイカー/テイカーは取引所のみに存在します。販売所は仮想通貨交換業者との取引であるため、メイカー/テイカーは存在しません。

 

ビットバンク公式サイトにメイカーとテイカーについての説明がございましたので、引用します✨

 

メイカー(Maker)とは、板に流動性を提供する注文です。

一般的には、メイカー注文は注文した後に直ちに約定されず、オーダーブックに並ぶ注文となります。(指値注文はメイカー注文とは限らない)

 ※現在bitbank.ccはメイカーマイナス手数料キャンペーンを行っております。

 

テイカー(Taker)とは、既に板に並んでいる注文を約定させる注文です。

一般的には、テイカー注文は注文した後すぐに約定されます。(成行注文はすべてテイカー注文)

引用元:メイカー/テイカーとは?(ビットバンク 公式サイト)

 

投資OLちゃん
簡単にいうと、メイカーは取引所で指値注文すること、テイカーは成行注文することです❤️

 

指値注文するということは、取引所に板を並べることになるので、流動性を作ることに貢献します✨

 

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

 

ユーザー側は、流動性が高くなれば売買が成立しやすくなるので、安心して取引できます✨

 

取引所を運営する側は、ユーザーに安心して取引してもらう環境を作ることで、ユーザー数を増やすことに繋がります。

 

したがって、手数料を支払ってでも(マイナス手数料)、流動性を作るために貢献してくれたユーザー(メイカー)に対して、手数料を支払う形にしているのです✨

 

逆に、テイカー(成行注文)は並べられた板から取引するので、取引所から流動性を奪います。なので、テイカーと呼ばれ、テイカーの方が手数料が高い傾向にあります。

 

日本の主要取引所のメイカー/テイカー手数料は、下記のとおり。

 

メイカー/テイカー手数料

  ビットバンク コインチェック ビットフライヤー GMOコイン SBI VC トレード
メイカー 手数料 -0.02% 無料 0.01%〜0.15% -0.01% 無料
テイカー 手数料 0.12% 無料 0.01%〜0.15% 0.05% 無料

 

メイカーに対してマイナス手数料を導入しているのは、ビットバンクGMOコインだけ✨

 

逆に、テイカー手数料はコインチェックSBI VCトレードで無料となっているため、各取引所によって強みがあることは覚えておきましょう✨

 

余談

これはビットバンクに限った話ではないのですが、指値注文全てがメイカー注文となるわけではありません。

 

必ずメイカーで注文する方法は、ビットバンクの公式サイトで解説されております✨

 

» メイカーで買いたい(ビットバンク公式サイト)

 

かんたんに言うと、取引所の注文画面で「PostOnly」にチェックすればOK❤️

 

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

 

なお、PostOnlyの意味は、ビットバンクの公式サイトで触れられています✨

 

» PostOnlyについて(ビットバンク公式サイト)

 

ただし、この方法をとると売買が成立しずらくなる可能性がありますので、今すぐ確実に欲しい場合は、PostOnlyにチェックせずに注文しましょう✨

 

» ビットバンク 公式サイト(無料で口座開設)

 

メリット③レンディングができる

 

レンディングはコインチェックでもやっているので、ビットバンク特有のメリットではないのですが、ビットバンクにはレンディングサービス「貸して増やす」があります✨

 

ビットバンク メリット デメリット 口コミ

 

レンディングについては下の記事で解説しているので、まだ知らない方は参考にしてください✨

 

こちらもCHECK

仮想通貨 レンディング やり方
【仮想通貨のレンディング】概要とやり方を解説【コインチェックを例に】

続きを見る

 

ビットバンクのレンディングの特徴は、全ての取り扱い銘柄でレンディングができること❤️

 

 

これによって、アルトコインを板取引で安く調達して、レンディングに回すというサイクルが可能となります❤️

 

» ビットバンク公式サイト(無料で口座開設)

 

ビットバンクの口コミをツイッターで拾ってみた

 

最後に、口コミを拾って終わりにします❤️

 

ツイッターでは良い口コミはたくさん拾えたものの、悪い口コミは1つしか拾えませんでした。

 

なので、良い口コミを3つ、悪い口コミを1つ、ご紹介します✨

 

良い口コミ

 

投資OLちゃん
全ての取り扱い銘柄で取引所取引ができることを好感しているユーザーが多かったです✨

 

 

投資OLちゃん
メリット②で触れた話ですね✨冷静に考えて、メイカーで約定すると手数料がもらえるのはすごい!

 

 

投資OLちゃん
コインチェックやビットフライヤーと比べると知名度は低いですが、ユーザー満足度の向上に特化していることを好印象に思っている人が多かったです!

 

悪い口コミ

 

投資OLちゃん
これは2020年2月の口コミなのですが、この時は銘柄が少なかったみたいです。今は取り扱い銘柄は増えてますね✨

 

地味だけど、いい仕事をしている取引所「ビットバンク」

 

興味を持った人は、下に公式サイトへのリンク貼っておきます✨

 

\地味だけど、かなり良い取引所/

ビットバンク 公式サイト

 

それでは、今回は以上となります❤️

-暗号資産(仮想通貨)

Copyright© 丸の内OL 投資でゆるふわ資産形成 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.