日本株

バフェットが2019年を振り返る!相場を予測するよりも、投資家として大切なこと

 

みなさま、あけましておめでとうございます❤️

 

投資OLちゃん(Twitter@OL20225358)でございます😇💞

 

ついに2020年が始まりましたね(*´ω`*)

 

どんな1年になるのかなー(*´ω`*)

 

私のブログの読者さまが気になるのは、「2020年の株価はどうなるか」ではないでしょうか。

 

しかし、今回は株価がどうなるかよりも「投資家として本質的に大切なこと」について、焦点を当てたいと思います。

 

この1年の投資スタイルを考えるうえでも、もってこいかなと思いましたのでね(*´ω`*)

 

11月某日 フォロワーさまとの間でこんなやりとりがありました。

 

buffettのインタビューを翻訳することになった流れ

 

「バフェットさまが2019年を振り返ったインタビュー動画」がありました。しかし、英語がさほど得意ではない投資OLちゃんには、内容を理解することができず。

 

そこで、TOEIC990点、英検1級保有の私のフォロワーさま(@kyuto)が、主旨を翻訳してくださることに✨

 

 

 

今回のブログでは、バフェットさまの2019年の振り返りを聞いて、投資OLちゃんが考えたことを「kyutoさまのブログを引用させていただく形で」記そうと思います。(kyutoさま許可済み)

 

それでは、いきます❤️

 

以下は、kyutoさまのブログから引用してお届けします。(kyutoさま許可済み)

 

 

司会者(以下(司)):過去10年の株式市場の伸びっぷりについてはどう思われますか?この先に景気の動向についてどのような点に注目すれば良いでしょうか?

バフェット(以下(B)):わいが見てるのはウチ(バークシャー・ハサウェイ)の企業の数字だけや。でもそれはあくまでも現状の確認で未来は分からん。次の3ヶ月すらどうなるか分からへん。そして基本買ったら永久保有やから数字を見ても特にやる事は変わらん。買うときの値段は気にするけどな。

kyutoメモ(以下(K)):バフェット先生は幾度となく市場予測は無駄だと主張されています。

引用元:https://kyuto-notes.com/2019/12/30/【要点翻訳】2019年をバフェット先生と振り返る/

 

 

投資OLちゃん
バフェットさまですら、短期的に相場はどうなるかわからないと述べています。私たち個人投資家が短期的な株価の予測をすることは「時間の無駄どころか、資産を失う危険性しか孕んでいない」と、改めて感じました。バフェットさまは、株価が割安な時に集中的に資金を投資することで知られています。相場が好調な現在、バークシャーは現金比率を過去最高水準まで高めています。その理由をバークシャーの株主総会において「チャンスは必ずやってくるから」と発言しています。次回の大暴落に備え、その時が来たら買えるよう「現金比率を高めておくことの重要性」を再確認させてくれます。

 

 

(司):大きな額を投じているアップルの動向については注目していますか?

(B):見てへん。一々細かい動向を気にしなくちゃいけないと感じるのであればそもそも投資しない方が良え。企業に投資するっちゅう事は畑を買うのに似てるんや。そんな頻繁に見に行ったってしょうがないやろ?別に注目したところで業績が上がるわけでも無いし、農家の人を応援したって収穫が上がるわけでも無い。良い年もあれば悪い年もある。一年ごとの業績、ましてはそれよりも短期の業績を一々心配するくらいなら最初から保有せん方が良え。

(K):バークシャーのポートフォリオって実は30%がアップルなんですよね。一つの銘柄にここまで集中投資している事からバフェット先生のアップルへの信頼が伺えます。それにしても企業の細かい動向を一々気にするべきでは無いというのは意外でした。でも永久保有が前提なら理に適った考え方ですね。

引用元:https://kyuto-notes.com/2019/12/30/【要点翻訳】2019年をバフェット先生と振り返る/

 

 

投資OLちゃん
「一々細かい動向を気にしなくちゃいけないと感じるのであれば、そもそも投資しない方がいい」これは、私たち個人投資家が特に心に留めて行かなければいけないことだと思います。そういう意味では、私は1つ反省していることがあります。それは、最近ツイッターに蔓延している「VISAは盤石だ」という風潮に対して「VISAの株価は長期的に上がる可能性は高いけど、調整を繰り返しながらの上昇となる」と発言したことです。その発言自体は今でも間違いとは思っておりませんが、バフェットさまの考えに従うのであれば、永久保有したいと思う銘柄を吟味し、ノイズを気にせずに投資することの重要性に改めて気づかされました。

 

 

司):バークレーのアナリストがバークシャーの業績見通しを下方修正したようですが、そういったニュースは気にされてますか?

(B):気にしてへん。全く気にしてへん。聞いたところでやる事は変わらんし、あまり有意義な時間の使い方じゃない。10Kを読む時間がなくなっててまうやん。わいでさえウチが今月どのくらい稼ぐかなんて分からん。バークシャーが1ヶ月ごとの業績を一々報告してないのも同じ。意味がないからや。もちろん大まかな現状は分かってるけどな。

引用元:https://kyuto-notes.com/2019/12/30/【要点翻訳】2019年をバフェット先生と振り返る/

 

 

投資OLちゃん
「細かいことは気にしないけど大まかな現状は把握している。」上記バフェットさまの考えは、「木を見て森を見ず」とならないよう、気をつけるべきであることを再確認させてくれます。これは、先ほどの「短期的な業績は気にしない」ということに通じます。このバフェットさまのスタンスは、言葉は違えど、ソフトバンクの孫正義さんと同じことを言っているように思います。

 

下記は、ソフトバンクグループの決算会見における孫正義さんの発言を文字で起こしたものです。

 

為替が上がったとか下がったは、些細なノイズである。投資家というのは、短期のノイズで右往左往すると、大した成果は得られないと、私は思う。大きな成果を得ようと思えば、マクロをしっかりと、10年20年という単位で、どの産業が根底的に衰退していくのか、どの産業が、技術が根本的に飛躍していくのか、そういうことを見るのが、一番大切なことではないかと、私は思う。そういう意味では、短期的なノイズは無視して、心を無にして投資するというのが1番いいんじゃないかと、私は思う。

引用元:ソフトバンクG決算発表会の孫正義社長の発言より

 

 

投資OLちゃん
短期的なノイズは気にしない。長期的なスパンで、衰退する産業と、根底的に伸びる産業を見極めて投資をする。バフェットさまの考え、そのものですね。

 

(司):「人生の勝ち組」ってどういう人の事でしょう?

(B):65歳、70歳になって愛されたい人に愛されている人やな。その歳になって周りから愛されている人は本当に幸せそうに生きている。逆に大金を手に入れたり名前があちこちに残ってるのに身近な人間に全く愛されてない人もたくさん見てきた。惨めなもんや。

(K):個人的にこの80分のインタビューの中で一番心に残っている言葉です。世界一のお金持ちが言うんだから説得力が違います。

引用元:https://kyuto-notes.com/2019/12/30/【要点翻訳】2019年をバフェット先生と振り返る/

 

投資OLちゃん
これは、私たちが特に心に留めておくべきことであると思います。サラリーマンをしながら投資をしていると、投資資金を拠出したいという思いから、人間関係が疎かになってしまう傾向があります。その最たる例が、昨年、投資家界隈で物議を醸した「子供は負債である」という考えです。お金は若い時こそ価値がありますが、年をとるごとに価値が減っていくものです。対照的に「家族」は、年をとるごとに価値が増していくものです。お金が勿体無いからといって外にも出ず、親戚に会うのも億劫になり、金がかかるからといって結婚しない。このようになってしまっては、少なくとも「バフェットさまの考える幸せ」とは、真逆の人生になってしまうことになります。もちろん結婚が全てではないかもしれませんが、お金がもったいないという理由で大切なものを得るための行動を制限している人は、一度考えてみるとよろしいかもしれません。

 

 

(司):ビジネスで成功したいと考えている人に3つアドバイスをお願いします。

(B):まず第一にベストな投資は自己投資である事。自分の場合もやった。今までで一番リターンの高かった投資はコミュニケーション力向上の講座を受講した事や。しかも自分に対する投資は損のしようが無いしな。
 二つ目は自分を大切に扱う事。もしも一生その車しか持てない代わりに好きなブランドの好きなモデルの車を貰えるとしようや。その車をどう扱うか考えてみて欲しい。どんなに小さな傷でもすぐに直すやろうし、マニュアルを隅々まで読むし、頑丈なガレージに大切に保管するやろ。自分の心と体も一生で1個ずつしか貰えへん。50歳になってから大切にしようと思っても遅いんや。忘れちゃアカンで。最後に自分より優秀な人とたくさん関わる事。自分の向かう方向は関わりのある人によって決まるからや。自分の親は選べないけどそれ以外は自分で選んでいかなアカン。そして多くの人にとって一番大事な選択は結婚相手を選ぶ事や。自分よりもちょっとだけ優秀な相手を選ぶ事や。相手にすぐに気づかれないように気をつけないとアカンけどな(笑)

(K):やはり残さないといけないものはお金、筋肉、友人という事ですね(笑) 

引用元:https://kyuto-notes.com/2019/12/30/【要点翻訳】2019年をバフェット先生と振り返る/

 

 

投資OLちゃん
自己投資、健康、人間関係。個人投資家の皆さまは、これらをしっかり意識し、大切にしているでしょうか。これら3つは、意識しないとどうしても疎かになりがちなことであると思います。下記は、私が過去または現在において行った自己投資、健康、人間関係についての考えです。自己投資→実は私、大学の頃にとある話し方に関係するスクールに通っていました。それが就職活動で強みになったと思っています。そして、それは今も活かされており、初めて会った人などに話し方や声を褒めていただくことがあります。話し方に関するスクールに通ったことは、有意義な自己投資であったように思います。健康→これは、私のモットー「今日も健康と株式に長期投資」という言葉にも表れているように、健康は私が1番大切にしていることであります。食事においては、血糖値が急上昇することを避けるためにいきなり米等の炭水化物を食べない。不足しがちだけど身体を作るうえで重要な「ビタミン、コラーゲン、オメガ3(魚の脂)等」サプリメントで補給。ストレス解消と身体づくりを目的に、最低でも週2のジム通い。これらの取り組みが功を奏して、健康診断は良好なだけでなく、日々前向きに生きることができています。(みなさまも真似してください❤️)人間関係→投資を始めてからは、惰性で飲みにいくことは減りました。飲む人をしっかり選ぶ。5人以上の飲み会にはいかない。会社の愚痴だけになることが予想されたり、得るものがない飲み会にはいかない。しかし、母の教え「節約は自分1人でいる時にしなさい。人といるときにセコいと嫌われるわよ」という言葉を意識して生活。ここぞという時には、惜しみもなく使う。資産が右肩上がりで増えるようにというポイントは押さえつつ、使う時には惜しみもなく使っていく。これらを意識し、生活しています。

 

(司):では株式投資に関してで成功したい人にはどうアドババイスしますか?

(B):アメリカに広く投資するだけで良いって事に気づく事や。それだけして、ニュースやわいみたいな奴の話を無視する。これだけで十分や。
 一番やりがちな間違いはトレードできるからトレードした方が良いと思う事や。流動性が高いからといってあちこち動き回すのは得策やない。

(K):みんな難しく考えすぎという事なんですかね。

引用元:https://kyuto-notes.com/2019/12/30/【要点翻訳】2019年をバフェット先生と振り返る/

 

 

投資OLちゃん
これはバフェットさまが常におっしゃっていることですね。「資産の90%をS&P500に連動するインデックスファンドを買い、10%は政府短期国債を買いなさい。」それはさておき、私の中でもっと重要な気づきがありました。それは「トレードできるからという理由でトレードするべきではない」ということ。つい私たちは給料が入ったらすぐに入金し、株を買わなければいけないと思ってしまいます。特に、相場が堅調な現在においてはその傾向が顕著です。投資に必要な資金ができるたびに投資をしていては、資金をたくさん投入して株を買うべき暴落時に、資金が足りなくなってしまいます。相場が堅調な時こそ、バフェットさまのように「現金比率を高めておくことの重要性」を気付かされました。

 

以上となります❤️

 

英語に自信のある方は、下記動画にて原文を聞いてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に、翻訳をしてくださったkyutoさま、本当にありがとうございました❤️

 

今回、ご協力いただいたkyutoさまの記事はこちら❤️

 

【要点翻訳】2019年をバフェット先生と振り返る

 

ツイッター:@kyuto31

ブログ:kyutoの自由帳

 

投資OLちゃん最新の自己紹介(2020年3月7日更新)

 

それでは、今日も健康と株式に長期投資」で豊かな未来を

 

投資OLちゃんでした❤️

にほんブログ村 株ブログへ

-日本株

Copyright© 24歳丸の内OL 投資でゆるふわ資産形成 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.